書籍「信長はなぜ葬られたのか」と歴史は塗り替えられる

  • 2019.05.09 Thursday
  • 20:52

 

だんなが図書館から借りてきた

本だが読んでみた。

ちょうどGWに京都へ旅行した

こともあって、結果的にはタイ

ムリーであった。

 

安部龍太郎著 

信長はなぜ葬られたのか


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

キーパーソンである近衛前久と

いう人物を私は知らなかったが、

足利義昭及び朝廷側の人間とし

て明智光秀を上手く誘導し、本

能寺の変に至らせた、というこ

とが書かれている。

 

戦国時代って本当に、昨日の友

は今日の敵って感じだ。

そもそもは仲が良い二人(信長・

前久)だったようなのに…。

 

また信長・秀吉の時代は、南蛮

貿易のの仲介役であったイエズ

ス会の布教によりキリスト教が

かなり浸透していた時期でもあ

った。信長・秀吉がキリシタン

の追放に動き出した時、救済に

乗り出した大名の一人が黒田官

兵衛で。

 

黒田官兵衛がキリシタンだった

なんて、知らなかった。

 

そして、この勘兵衛の墓が祀ら

れているのが、先日訪れた滋賀

の美術館MIHO MUSEUMでの

美術展を主催した大徳寺の龍光

院だったなんて、なんて奇遇だ

ろう!

 

信長が着陣した東寺は泊まった

ホテルから五重塔が見えたし、

前久の父が足利義昭を猶子にして

門跡とした奈良の興福寺にも知ら

ず立ち寄っていた。

(興福寺の門跡には皇族・五摂家

の子弟しかなれない)

 

本の最後に書かれていた宣教師

たちの故郷であるポルトガルの

記述も、過去2回旅しているの

で実感を伴って読むことが出来

た。

 

とても面白く読めた本であった。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「動物のすごい技を物理で読み解く」

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 05:11

 

そう言えば、こんな本を読んだ。

 

マティン・ドラーニ著

リズ・カローガー著

動物たちのすごワザを物理で解く

 

何かと忙しくて書き忘れていた。

 

これが、面白いんだけど理解する

のに時間がかかって、なかなか

読み進めることができない。

 

私、頭悪いからなああ。

 

ちなみに。

こんなことが書かれているのだ↓

 

・激しい雨のなかでも、なぜ蚊は落ちないで飛べる?
・ネコが重力にさからって、水を飲めるわけ
・アリは巣へ戻る最短ルートをなぜ分かる?
・生物版GPSを使って、海の旅から戻ってくるカメ
・ゾウは三角測量によって「地面の便り」を得る
・水に濡れたイヌが行う、最短で乾かすブルブルとは?
・赤くなるにはわけのあるタコ
・100キロ以上も離れた炎を見つける、甲虫の超感覚の正体
・量子力学を利用し、生きた太陽電池となるスズメバチ
 

ね?面白そうでしょう?

象が、足の裏で音を聴く話だとか

面白かったなあ。

 

これは図書館で借りるより、購入して

じっくり読んだ方がいいでしょうね。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「医薬品クライシス」と不寛容による危機

  • 2019.04.14 Sunday
  • 13:09

 

薬はできれば使いたくない派

だ。なるべく体をフラットな

状態で保ちたいので。

でも、今年の花粉はすごい…。

なので、4月中旬から市販薬

を飲み始めた。もう少しで

終わりそうなのになあ。


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

ところで、そんな私がこんな

本を読んでみた。

 

佐藤健太郎著 医薬品クライシス

 

新薬を開発するのは、コストも

かかるし大変なことだ。

 

やっと完成して市場に出しても、

副作用が出ればそれが何万分の

1の発症率であっても、もしく

は本当に薬のせいなのか科学的

に証明される前に大々的に報道

され、場合によっては出荷中止

にまで追い込まれたりする。

 

薬に副作用は必ずある。

 

その症状は人によって違う。

重い副作用が出た人を仕方ない

と切り捨てようとはもちろん思

わないけれど、それで全ての人

にとっても駄目だとするのは、

どうなんだろう。

改善の余地さえ残されないのか。

効いた人も多数いるのに、だ。

 

不寛容が過ぎないか。

 

この過剰な不寛容が、結局は自分

の首を締めていることになるんだ

と思う。

 

と、薬を使いたくない私が言っ

ても全く説得力がないけど。

 

このままでは多分、画期的な新薬

って、今後出ないような気がする。

 

奇跡が起きない限り。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「僕はLCCでこんなふうに旅をする」とドイツにいた時が一番使ったなあ

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 07:17

 

だんなが図書館で借りて

きた本を読んでみた。

 

下川裕治著 僕はLCCでこんなふうに旅をする


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

LCCはドイツにいた15年前

位の頃がヨーロッパの黎明期

で、ライアンエアというのが

(ライオンではない)フラン

クフルトの北、アウトバーン

で約1時間の地方空港から発

着していた。駐車場が無料だ

ったこともあり、それをよく

使ったものである。

 

日本に戻ってからも数回は

あるが、マイルやラウンジ

使用を考えると、もうあえ

て使うことはないかなあ、

とも思う。

 

格安航空券をゲットする

には、本にも書いてある

がデイトレード的な俊敏

さとねばりが必要で、乗

ってからでさえ忍耐が必

要なこともある。

 

日本だと、例えば国内線

なのに成田まで行かなきゃ

いけないとか…。

 

この本を読んで、尚の事

LCCからは遠ざかりそう

な予感がするのであった。


 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「プラネタリウム男」と夢を叶えるための試行錯誤

  • 2019.02.07 Thursday
  • 19:42

 

なんか、すごいプラネタリウム

を個人で作った人として、なん

となく知っている程度だった。

 

で、読んでみた。

 

大平貴之著 プラネタリウム男


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

小学生の頃からプラネタリウム

が好きで、自作を続けていたら

素晴らしく良いのができて。

 

すごい注目されたけど、趣味から

始まった自作プラネタリウムを事

業化するにあたって悪戦苦闘する

という話。

 

とても面白かったけど、やっぱり

悩むのは、人間関係のようだ。

 

この人は、スティーブ・ジョブズ

みたいなところがあるのだと思う。

(ジョブズはアイデアマンで技術

者ではないところが違うけど)

 

とにかく、支える側は大変だった

ろう。

 

それは自分でも自覚し、反省して

いる。

 

でも、次々と湧き出るアイデアを

実現するために、昼夜問わず一心

不乱に働く姿は、

 

そんなに打ち込めるモノに出会えて

よかったね

 

と心底思うのだった。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村

ライフスタイルブログ

ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

analyze

Copyright © 2004 shijihodan / marimo all rights reserved.

文章、画像等は全て管理人に著作権があります。無断での転載・利用は禁止します。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM