書籍「おとなの教養」と、たまに手に取り確認したい本

  • 2018.10.25 Thursday
  • 07:23

 

池上彰の本は最近立て

続けに読んでいるのだ

が、この本が今までの

中で一番手元に置いて

おけば重宝するだろう

なと思った。

 

池上彰著「おとなの教養」


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

あちこちで読みかじった

知識が見事に数珠つなぎ

につながるような思いが

した。

 

全てを綺麗に覚えるには

私の場合、何度も読んで

記憶を定着させる必要が

あるので、久しぶりに買

ってもいいかな、と思う

本であった。

 

目からうろこだったのは、

仏教で言うところの「悟

りを開く」や「解脱」は

輪廻の輪の中から外れる

こと、と知ったことだ。

 

この世は辛い場所と位置

づけ、お釈迦様はそこから

「解脱」したので、この世

には二度と生まれ変わって

こない、らしい。

(「復活」が重要な鍵と

なるキリストとは、そこ

が違うところだ。)

 

実はずっと、悟りを開く

って実際はどういうこと

かと思っていた。

なるほどねえ。

 

それから、人類とサルと

の分岐点は二足歩行で、

タンザニアにある360

万年前の地層に、その足

跡が残っている、と書か

れていて。

 

つい最近タンザニアの旅

で訪れた、オルドヴァイ

渓谷が真っ先に浮かんだ

のだった。

 

調べてみると、池上さん
が言っている場所(ラエ

トリ遺跡)とは違うよう

だが、オルドヴァイの方

では小さな足跡が並んで

ついていて。つまり親子

で歩いていたみたいだっ

たな、なんてことを思い

出すのだった。

 

そうよねえ。

アフリカ大陸から人類は

始まったのよねえ、そう

言えば。

 

知識や情報(≒教養?)を

実感と共に記憶していく、

という事は本当に人生を豊

かにしていくよね。

 

外目には、わからないこと

だろうけど。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト

  • 2019.01.10 Thursday
  • 07:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    にほんブログ村

    ライフスタイルブログ

    ブログランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    analyze

    Copyright © 2004 shijihodan / marimo all rights reserved.

    文章、画像等は全て管理人に著作権があります。無断での転載・利用は禁止します。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM