「林檎の樹の下で」と懐かしきPC黎明期

  • 2017.12.18 Monday
  • 05:15

 

ホリエモンがテレビ番組で

一部漫画化?したと宣伝し

ていた本のオリジナルを

図書館で借りてみた。

 

斎藤由多加著 林檎の樹の下で


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

アップルが、日本に支店を置く

前の総代理店が「東レ」であっ

た時代があり、その後「キャノ

ン販売」に移っていった経緯、

その悪戦苦闘の日々が描かれて

いる。

 

ジョブズは、相変わらず嫌な奴

なのだが 苦笑、日本の技術力を

相当警戒していた結果でもある

ので、うなずける部分もなくは

ない。日本人は、ちょっとした

ヒントを元に、すごいの作っち

ゃうからね。古くは、

 

種子島(鉄砲)とか。

 

昔のパソコンも登場していて、

NECのPC9801とか、

 

懐かしい〜。

 

そうだそうだ。

昔はハードディスクにデータを

記憶させておくことができずに

(書き込み不可なROM、書き

込みはできても電源切ったら

消えてしまうRAM)、フロッピー

を使っていたんだよねえ。

 

あの頃を考えると、今の時代

は信じられないよ。

本当、人間って一歩先の便利

に慣れてしまうと、それが

すぐ当たり前になってしまう

よな…。

 

スマホが主流の今、それを実現

できたのは、東芝が開発した

「フラッシュメモリー」のおか

げなので、ジョブズにとって

「日本」は諸刃の剣だったろう

なって思う。

 

旦那は、本に書かれていた時代

以降の話も読んでみたいと言っ

ていたけど、

 

あるのかな?

 

JUGEMテーマ:日記・一般

「殿様の通信簿」と昔も今も人物分析は大事

  • 2017.12.16 Saturday
  • 17:48

 

「武士の家計簿」で有名に

なった歴史学者、磯田先生

の本を旦那が借りてきたの

で読んでみた。

 

磯田道史著 殿様の通信簿


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

 

元禄時代に、大名の行状を

密かに探索した幕府隠密の

報告書である資料、「土芥

寇讎記」を読み解いたもの

で、大物のラインナップな

のが面白い。

 

水戸光圀
浅野内匠頭
前田利常

 

などなど…

 

どの人物も基本評判は良く

ないのだが 笑、水戸の殿様

はまあまあかな。

 

最後に本多作左衛門という

徳川家康を、正に身を挺し

て支えた荒くれ者が出て来

るのだが、

 

ちょっと泣ける。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

「シーマン語録」と悔いの一つ

  • 2017.12.10 Sunday
  • 10:10

 

−−−

運がめぐってくるのを

待つだけの人生になっ

ちゃうからさ。

−−−

(注釈抜粋)

重要なのは、なにを

どうがんばったら道が

開けるかっていうこと

なんだよね。

 

将来の仕事の条件を、

ただ「有名になれる

職業」と答えた学生

を諌めて

 

シーマン語録 斉藤由多加 編 


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

 

昔懐かしい「ドリームキャスト」

のゲームソフト「シーマン」。

一回やってみたいと常々思って

いたけど、結局機会がなかった。

 

物事をなんとなく抽象的に

捉えてることって多いと思

うが、シーマンはそれをな

んの躊躇もなく言葉にして

しまう。

 

−−−

ベンチャーと零細企業の

違いって、なんだと思う?

妙な山っ気があるかないか

だよ。

−−−

 

笑ってしまった。

 

でも、やっぱり文字じゃ

なくて声で聞きたかった。

あの、ボイスチェンジャー

で不自然に低くなった

ような声で。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

「赤朽葉家の伝説」と若かりし頃を思う

  • 2017.11.23 Thursday
  • 04:51

 

「じごくゆきっ」が面白かっ

たので、桜庭一樹の別作品も

読んでみた。大層面白かった。

 

桜庭一樹著「赤朽葉家の伝説」


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

女三代記なのだが、真ん中

は正に私と同世代。

自分の若かりし頃が、やや

歴史がかった感じで小説に

されると、なにやら照れく

さい。

 

もちろん、描かれている女性

と私は全く違う青春を送って

いるのだが 笑 、その時代の

エキスが凝縮された感じで、

うーん、そう描写しちゃうか

あっと、こそばゆい。

 

私は、一代目の万葉の話が好

きだが、著者が帰着させたい

のは三代目の、最も平凡な女

性が抱える、憂いと希望なの

かなあ、と思う。

 

あとがきにもあるが、とにか

く著者自身が楽しんで書いて

いることが、よくわかる作品

で、面白くないわけがない

のである。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

「ハードワーク」に見る、人を説得する方法

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 05:06

 

エディさんと言えばラグビー

日本代表を、南アフリカ戦で

勝利に導いた名監督だ。

 

本の内容は、パート主婦の

私より、部下を持つサラリ

ーマンあたりが読むに相応

しい内容だった 笑。

 

まあ、借りてきたのは夫なの

で当たり前だが。

 

エディ・ジョーンズ著 ハードワーク


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

あえて自分に当てはめると

すれば、何か人を説得しな

くてはならない時、参考に

したい内容かな。

 

物事にはコントロールできる

ものとできないものがあり、

できないものは考えるだけ無

駄だとかね。本当、その通り

だと思う。

 

では、コントロールできる

こととは何か。

 

目標を達成する際、自分が

できることを見極める目は、

できれば持ちたいものである。

 

そのためには、物事を俯瞰

して(決して上から目線と

いう意味ではなく)、そこ

で得た情報を自分なりに分

析し、どうアプローチして

いくかを、模索する必要が

あるわけで。

 

その準備を怠るな

 

ということだ。

 

例えば人を説得するなら、

その人を十分に観察、理

解し、どうしたら納得し

てもらえるか、じっくり

分析し、最終的にはその

人自ら気付いてもらうよ

うに持っていくこと。

そうすれば角も立たない。

難しい話だ。

 

最後の章はちょっと泣ける。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

にほんブログ村

ライフスタイルブログ

ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

analyze

Copyright © 2004 shijihodan / marimo all rights reserved.

文章、画像等は全て管理人に著作権があります。無断での転載・利用は禁止します。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM