書籍「教養としてのワイン」とビジネスの世界

  • 2019.05.18 Saturday
  • 12:39

 

ワインの世界は掘れば掘るほど

奥が深く、最近はワイン本に食

傷気味であった。

 

でも、この本は面白かったです。

 

渡辺順子著 世界のビジネスエリートが身につける教養としてのワイン


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

著者の渡辺順子さんは、ニューヨーク

クリスティーズ初のアジア人ワインス

ペシャリストで、今や富裕層にワイン

投資も含めたセミナー講師もしている

そう。

 

ワイン自体の知識のみならず、有名ブ

ランドがいかにしてその地位を確立し

たかを国ごとに分析したり、また最新

のワイン投資事情なども書かれていて、

ワインにまつわるあれこれを多角的に

理解することができた。

 

さらりと読むことができるので、

初心者でも楽しめます。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

今どきの結婚式事情?姪の結婚式に行ってきました

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 05:40

 

叔母としての結婚式、初デ

ビューしてきた。

 

姪の結婚式・披露宴に参列

してきたのだが、人前式で。

人前式自体は、友達やいとこ

の結婚式で経験しているの

だが、それともまた違って

新鮮だった。


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

身内や友達の前で契約書に

サイン、というのではなく

新たな儀式という感じだった。

大きなクリスタルを双方の両

親と自分たちで順々に箱に

はめ込んでいく、みたいな。

 

愛とかなんとか、正直見ている

だけでも少し気恥ずかしい感じ

だが、姪っ子はとても綺麗だっ

た。

 

披露宴は、最初に光の演出が

入り、新郎・新婦の入場の後

すぐに新郎の挨拶、新郎の上

司2人、新婦側上司1人のス

ピーチと続き、その後は歓談。

 

もちろんケーキカットなどは

あったが、友達のスピーチや

出し物はゼロであった。

 

食事はフレンチで美味しかった。

 

お色直しで不在の間は2人のビ

デオが流れ、飽きさせない。

 

その後のキャンドルサービスが

ゆっくりと続いた後、再び歓談。

 

最後は新婦の両親に当てた手紙の

朗読、それから新郎の父の挨拶。

 

二人が退場した後もう、この日の

結婚式・披露宴の風景をビデオ編

集したものがスクリーンに流れる。

 

技術として可能なのはわかるけど、

やっぱりこういうビデオは隔世の

感がある。

 

シンプルだったけど、素敵なお式

だった。

 

姪っ子の幸せを祈ります。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

伯母の香典返しを使って銀座でお寿司

  • 2019.05.13 Monday
  • 11:32

 

昨年、旦那の伯母のお葬式

に参列した。

 

その時の香典返しがカタログ

ギフトで、銀座のお寿司屋さ

んの食事券を選んでいたのに

なかなか行く機会がなかった。


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

で、期限の一週間前に慌てて

予約し、いそいそとでかけて

きた。

 

食事は思っていた以上に豪華

で、大満足だった。

個室だったのだが、隣は接待

なのか、話し声が襖越しに聞

こえる。

 

出張時のホテル談義に花が咲

いていた。今どきのビジネス

マンはホテルの豪華さより、

機能的か、コンビニが近くに

あるか、なんかで評価してい

るようで。

 

そりゃそうよね。

仕事で夕食は接待されること

もあるだろうし。

 

あ。

朝ごはんはおいしいところが

いいようだ。

旦那もうなずいていた。

 

お店は私達とお隣の2組だけ。

大丈夫かと思ったが、客は

いないのに、なにか作っては

いる。

 

きっと高級クラブの出前用ね。

それでやっていけているのね。

たぶん。

 

久々の銀座。

相変わらず海外からの旅行客が

多かったけど、華やかな夜の街

としての顔も健在のようだ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「信長はなぜ葬られたのか」と歴史は塗り替えられる

  • 2019.05.09 Thursday
  • 20:52

 

だんなが図書館から借りてきた

本だが読んでみた。

ちょうどGWに京都へ旅行した

こともあって、結果的にはタイ

ムリーであった。

 

安部龍太郎著 

信長はなぜ葬られたのか


⇣ ランキングに参加しています。人生の楽しみ方はいろいろです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


 

キーパーソンである近衛前久と

いう人物を私は知らなかったが、

足利義昭及び朝廷側の人間とし

て明智光秀を上手く誘導し、本

能寺の変に至らせた、というこ

とが書かれている。

 

戦国時代って本当に、昨日の友

は今日の敵って感じだ。

そもそもは仲が良い二人(信長・

前久)だったようなのに…。

 

また信長・秀吉の時代は、南蛮

貿易のの仲介役であったイエズ

ス会の布教によりキリスト教が

かなり浸透していた時期でもあ

った。信長・秀吉がキリシタン

の追放に動き出した時、救済に

乗り出した大名の一人が黒田官

兵衛で。

 

黒田官兵衛がキリシタンだった

なんて、知らなかった。

 

そして、この勘兵衛の墓が祀ら

れているのが、先日訪れた滋賀

の美術館MIHO MUSEUMでの

美術展を主催した大徳寺の龍光

院だったなんて、なんて奇遇だ

ろう!

 

信長が着陣した東寺は泊まった

ホテルから五重塔が見えたし、

前久の父が足利義昭を猶子にして

門跡とした奈良の興福寺にも知ら

ず立ち寄っていた。

(興福寺の門跡には皇族・五摂家

の子弟しかなれない)

 

本の最後に書かれていた宣教師

たちの故郷であるポルトガルの

記述も、過去2回旅しているの

で実感を伴って読むことが出来

た。

 

とても面白く読めた本であった。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

書籍「動物のすごい技を物理で読み解く」

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 05:11

 

そう言えば、こんな本を読んだ。

 

マティン・ドラーニ著

リズ・カローガー著

動物たちのすごワザを物理で解く

 

何かと忙しくて書き忘れていた。

 

これが、面白いんだけど理解する

のに時間がかかって、なかなか

読み進めることができない。

 

私、頭悪いからなああ。

 

ちなみに。

こんなことが書かれているのだ↓

 

・激しい雨のなかでも、なぜ蚊は落ちないで飛べる?
・ネコが重力にさからって、水を飲めるわけ
・アリは巣へ戻る最短ルートをなぜ分かる?
・生物版GPSを使って、海の旅から戻ってくるカメ
・ゾウは三角測量によって「地面の便り」を得る
・水に濡れたイヌが行う、最短で乾かすブルブルとは?
・赤くなるにはわけのあるタコ
・100キロ以上も離れた炎を見つける、甲虫の超感覚の正体
・量子力学を利用し、生きた太陽電池となるスズメバチ
 

ね?面白そうでしょう?

象が、足の裏で音を聴く話だとか

面白かったなあ。

 

これは図書館で借りるより、購入して

じっくり読んだ方がいいでしょうね。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

ライフスタイルブログ

ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

analyze

Copyright © 2004 shijihodan / marimo all rights reserved.

文章、画像等は全て管理人に著作権があります。無断での転載・利用は禁止します。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM